フェイシャルエステとは?効果や基本の施術内容

顔のケアをするエステを、フェイシャルエステといいます。フェイシャルエステは、テレビや雑誌などのメディアで紹介されることも多いでしょう。実際にフェイシャルエステを経験したことがある人なら、その効果は実感できます。しかし一度もフェイシャルエステを受けたことがない人は、その特徴や効果といった詳しいことまではわからないでしょう。記事ではフェイシャルエステとは何かを解説します。

フェイシャルエステの特徴

エステといえば、体全体に対する美容術を想像する人が多いでしょう。美容術とは脱毛、痩身、美白など美しくなるための施術全般を指します。
フェイシャルエステとは、顔のエステを意味します。つまり顔面の肌に特化した美容術です。そのため美顔術と呼ばれることもあります。
実際の施術内容は、素手によるマッサージはもちろん、ラジオ波による痩身エステ光美容器による脱毛エステなどさまざまです。サロンによって得意とするフェイシャルエステが異なるため、目的に応じて選ぶ必要があります。

期待できる効果

フェイシャルエステを施すことで得られる効果はいろいろあります。
まず挙げられるのが美肌効果。乾燥肌や肌荒れは、多くの女性にとって悩みのタネです。また肌のたるみやニキビ肌、くすみなどの肌問題を抱えている人もいるでしょう。
フェイシャルエステを受けることによって、これらの肌トラブルが改善するケースもあります。ただし根本からの問題解決を望む場合には、複数回の施術が必要になることもあるのです。このことからも、フェイシャルエステによる十分な効果を得るためには、定期的にサロンへ通うことが一般的とされています。

フェイシャルエステを受けると小顔効果も期待できます。美しく痩せることは、女性の夢と言えるかもしれません。ラジオ波による痩身エステや素手によるマッサージなどを受けることで、美肌効果に加えて小顔効果を得られることがあります。これは顔面の新陳代謝が活性化することが要因だと考えられているのです。

小顔効果に関しては、フェイシャルエステの施術を受けた直後であっても、その効果がすぐに現れやすいといわれています。そのため利用者のなかには、すぐに成果を実感できる人もいるでしょう。
フェイシャルエステの知られざる効果として、リラックス効果が挙げられます。エステサロンで受けるフェイシャルマッサージのなかでも、素手によるマッサージはオーソドックスな手法のひとつ。素手によるケアを受けている間は、マッサージを受けているようなものなので、リラックス効果が得られるのです。
身体的にはもちろん、精神的にもリフレッシュできることは、フェイシャルエステが持つ大きなメリットの一つと言えるでしょう。

施術内容

フェイシャルエステの施術内容は、目的によって異なります。それによって素手によるケアだけの場合もあれば、大掛かりな機械を使う場合もあります。一例として、代表的な施術の流れを解説するので参考としてください。

フェイシャルエステでは、まず徹底的にクレンジングを行います。これにより不要な汚れを落とすのです。
次にオイルマッサージを行います。施術時間は10分から20分程度が一般的だといえるでしょう。常にスチームを顔に当てた状態のまま、素手によるマッサージを行います。マッサージによって血行が良くなると、肌に赤みがさしてくるでしょう。このように十分にマッサージをすることで毛穴が開き、フェイシャルエステを施すためのベースができあがります。

次に行う施術は吸引です。
吸引とは、マッサージによって開いた毛穴から、余分な汚れを吸い出す施術のことを指します。これによって鼻の黒ずんだ汚れなどがきれいになるでしょう。
その後、パックなどで水分補給を行います。サロンのなかには独自に開発したパックを使用する場合もあります。最後に美容液などを使い、肌の状態を整えて終了です。

エステサロンへ通う頻度

美しい肌は一朝一夕には手に入らないものです。そのためフェイシャルエステによる十分な効果を得ようとする場合、定期的にサロンへ通うと良いでしょう。
それでは、サロンへ通う頻度はどの程度がベストなのでしょうか。

フェイシャルエステによる効果が現れるまでには、個人差があります。そのため一概に断定することは難しいのですが、1カ月に1回程度が一般的だといえるでしょう。
そして、より高い成果を得るためには、1カ月に2回まで頻度を上げると効果的です。そして効果を持続させるためには継続的な施術がポイントとなります。

定期的に通うメリット

定期的にフェイシャルエステサロンへ通うことは、肌のターンオーバーを整えることにつながります。ターンオーバーとは、新陳代謝のことです。
肌を構成する皮膚は、いくつかの層にわかれています。表面的な皮膚が古く、深層の皮膚が新しいと考えられています。そして古い皮膚が剥がれ落ちて、新しい皮膚が生まれるサイクルが、肌の新陳代謝であり、ターンオーバーと呼ばれる現象です。きれいな肌を維持するためには、ターンオーバーがポイントとなります。

一般的に、20代のターンオーバー周期は1カ月程度(参照:ターンオーバーについて―株式会社ヘルシア)であり、加齢とともに周期も長くなっていく傾向があると言われているのです。フェイシャルエステを定期的に受けることは、ターンオーバー周期を整える効果があるといわれています。
ターンオーバーの周期は、短すぎても長すぎてもよくありません。年齢に適したターンオーバー周期になるよう調整することが大切です。

セルフケアとサロンの違い

フェイシャルエステには、サロンでプロの施術を受ける方法と、自分自身で行うセルフケアがあります。これらの違いはどこにあるのでしょうか。

全身エステの場合、背中など自分の手がとどかない箇所はケアできません。しかしフェイシャルエステは、顔をケアする美容法です。そのためセルフケアしやすいと言えるでしょう。
しかしエステサロンのスタッフは、美容のプロフェッショナルです。素手によるマッサージだけみても、素人とは比べ物にならないほどの効果を生み出すでしょう。そのため、十分な美顔効果を期待するなら、フェイシャルエステサロンに通うことをおすすめします。

セルフケアを行うことも効果的です。そのためサロンでのフェイシャルエステと、セルフケアの両方を実施することが、理想的だと言えるでしょう。
セルフケアをする場合、自己流でおこなうよりも、プロのアドバイスをもらってからおこなう方が効果的です。フェイシャルエステサロンで施術を受ける時には、セルフケアのやり方をスタッフに相談して教えてもらうと良いでしょう。

フェイシャルエステはセルフケアも含めて継続的に

フェイシャルエステとは、顔を中心とした美容方法です。フェイシャルエステを行うことにより小顔効果や美肌効果を実感できるでしょう。そして十分な成果を実感するには、継続的な施術を行う必要があるといわれています。

そのためにもエステに定期的に通いつつ、自分でもセルフケアをすることが大切です。そうすることで、より満足できる結果が得られるでしょう。

Copyright © 2019 美肌EOS All Rights Reserved.

Powered by WordPress & yStandard Theme by yosiakatsuki