フェイシャルエステに必要な資格とは

美容に興味がある人の中には、「エステティシャンになりたい」「実際に自分も施術してみたい」と考えている人もいるでしょう。
フェイシャルエステやエステティシャンに興味のある人は、どうやったらプロになれるのか、どんな資格が必要になるのか、事前にきちんと把握しておく必要があります。一人前になるまで時間がかかるので、早めに準備を始めましょう。

フェイシャルエステとは?

フェイシャルエステとは、その名の通り顔のケアをするエステのことを指します。エステには様々な種類がありますが、フェイシャルエステでは顔からデコルテまでのケアを行うため、エステの代表的なケアとして扱われています。

フェイシャルエステでは主に、ハンドマッサージと専用マシンを用いて施術を行います。ある程度費用はかかりますが、プロの施術を受けられるメリットがあるので、毎日頑張っている自分自身へのご褒美として最適です。

フェイシャルエステの種類

フェイシャルエステと一口に言っても、毛穴ケアホワイトニングリフトアップアンチエイジングなど様々な種類があるので、自分の肌や悩みに合うものを選ぶ必要があります。
普段メイクのノリが悪かったり肌のくすみが気になる人は、毛穴ケアが最適です。

毎日のスキンケアで落とすことができない毛穴に詰まった汚れを取り除くことで、肌トラブルの原因をなくし、透明な肌へ導くことができます。顔の老化や二重アゴが気になる人は、リフトアップやアンチエイジングを試してみましょう。

様々な方法で肌を引き締めたり、肌トラブルを総合的に解消していくことができるため、フェイスラインをスッキリさせて若々しい印象を取り戻すことができます。
カウンセリング時にエステティシャンと相談しながら、自分に最適なコース・種類を選びましょう。

フェイシャルエステの効果

フェイシャルエステで得られる効果は、小顔効果・美肌効果・リラックス効果の主に3つです。
フェイシャルエステではハンドマッサージによって顔のたるみやむくみを取り除くことができるため、施術を受けたすぐ後に顔がスッキリしたと実感する人も大勢います。
マッサージで肌の代謝をアップさせることができるため、ニキビや肌荒れといった肌トラブルの改善にも役立ちます。1回の施術だけでは効果を感じにくいですが、サロンに継続して通うことで美肌効果を実感できるようになるでしょう。

プロのエステティシャンのマッサージを受けることによって、リラックス効果を感じることもできます。筋肉や脂肪がほぐされていくうちに心地よくなり、いつの間にか眠ってしまうこともあるでしょう。

フェイシャルエステは毎日疲れを感じやすい方に最適のエステだといえます。心身ともにリラックスすれば、ストレス解消にも役立つでしょう。

フェイシャルエステについて、詳しくは『フェイシャルエステとは』にまとめています。

エステティシャンに資格は必要ない

資格がなくても、フェイシャルエステを行ったりエステティシャンになることは可能です。エステティシャンになるために必須の資格などはないので、未経験でもチャレンジしやすい魅力があります。
ただし、エステティシャンは民間の資格がいくつかあるので、事前に取得しておくと就職する際に有利になることがあります。エステサロンで働きながら必要な技術を身につけたり、資格を取得することもできるので、自分に合った方法でチャレンジしてみるといいでしょう。

エステティシャンの民間資格

国内で認知度の高い民間資格は、認定エステティシャン」「AEA認定エステティシャン」「ビューティー・セラピー・ディプロマの3つです。資格の取得方法や受験資格はそれぞれ異なるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

協会の認定校に通学することが必須だったり、実務経験が3年以上必要になる場合もあるので、試験を受けてすぐに資格を取得できるわけではありません。受験資格を得るだけでもある程度時間がかかるので、エステサロンへの就職や転職を考えているのであれば、早めに準備を始める必要があります。

通学が無理な場合は通信教育を受けることも可能ですが、実技講習については通学が必要になるので、資格を取得するにはある程度の努力と時間が必要になります。どの資格も筆記試験と技術試験の両方に合格する必要があるので、日々の練習が必要です。

ただ、一旦資格を取得してしまえば、将来独立して開業するなど道が開けるため、努力するだけの価値は大いにあります。手に職を付けたい人に最適な資格だといえるでしょう。

専門スクールに入って資格を取得する

エステティシャンになりたいのであれば、大手エステサロン運営のスクールに入るのが近道だといえます。

専門スクール卒業後はエステティシャンの資格が取得できるとともに、サロン就職への道も開けるため、一番手っ取り早い方法だといえます。専門スクールに通学している間に、同じ目標を持つ仲間と出会うこともでき、困ったときはお互い助け合っていくこともできます。

学校に通う時間がない人やお金に余裕がない人は、通信教育のあるスクールを選ぶといいでしょう。通信教育ならDVDやテキストなどで自宅で学べるため、働きながら勉強を続けていくことができます。

実技実習の際はスクールまで出向く必要がありますが、実技実習の日時は土日や夜間など通いやすい時間帯に設定されることが多いため、社会人の方でも安心です。
専門スクールの費用や資格取得期間、卒業後の進路などがそれぞれ異なるため、事前にきちんと調べておきましょう。

働きながら資格を取得する

社会人であれば、専門スクールに通うのが難しい場合もあるでしょう。その場合は、エステサロンで働きながら資格を取得する方法もあります。収入を得ながらフェイシャルエステの勉強ができるため、プロのエステティシャンを目指す方に最適な方法だと言えます。実際の仕事を間近で見て体験すると、フェイシャルエステへの理解が深まるとともに、仕事や勉強に対するモチベーションも高まるでしょう。

ただ実際は、未経験を雇うエステサロンが少ないので、採用されるまでに時間がかかる可能性もあります。採用されたとしても、一人前になるまで時間がかかる場合があるので注意しなければなりません。事前に勉強して資格を取得しておいた方がいいのか、それとも働きながら勉強した方がいいのか、よく考えておく必要があります。

未経験の場合、電話対応やPC入力など雑用を任されることになるため、サロンによっては実務経験を積めない可能性もあります。営業時間外に研修を行っているエステサロンも多いので、求人情報を探す際は研修制度のあるサロンに応募しましょう。

プロのエステティシャンを目指そう

プロのエステティシャンになりたいなら、働きながら資格を取得することも可能です。未経験でもエステサロンに採用してもらうことはできますが、一人前になるまで時間がかかる場合もあるので注意が必要です。
スクールに通って資格を取得した方がいいのか、それともエステサロンで働きながら資格を取得すべきか、慎重に考えて判断しましょう。

Copyright © 2018 美肌EOS All Rights Reserved.

Powered by WordPress & yStandard Theme by yosiakatsuki